不登校といじめ

不登校というと、いじめが原因だと考えられることが多くあります。
いじめも不登校も近年多い社会的問題としてよく学校や教育番組で話題にも挙げられます。
誰もが我が子がいじめの被害者にも加害者にもなって欲しいとは思わないものですし、同じように不登校になって欲しいとは思わないものです。
そして、心の片隅で自分や自分の家族には関係のないものだと思っているものです。
しかし、ある日突然自分の子どもが学校に行かなくなってしまったりいじめにあったり巻き込まれたりということは決してないとは言えないのです。
日頃から、もしも自分や家族が当事者になった時のためにアンテナを張って情報収集をしておくことが大切です。

どちらの問題も原因は複雑ですし、解決には時間のかかるものです。
多くの人間が関わるため、少しでも対処法を誤ると問題が大きく発展してしまうこともありますし当事者になったら冷静に対処できなくなることもあります。
また、人によって価値観が異なるため、被害者はいじめと感じていても加害者はその意識がないこともあります。
そして、学校に行きたくないと感じている理由に対し「甘えている」と言われてしまうこともあります。
そこで、きちんといじめの実態や不登校の原因について探り、甘えの部分はただしつつも本人が抱えている問題については取り除いていくことが大切です。
そのために、ここでは不登校やいじめの原因とその因果関係について紹介をします。